楽天カードの遅延損害金について

楽天カードは年会費無料で持つことができ、しかも審査も通りやすいということでクレジットカード初心者の方にも非常に人気のカードとなっていますね。
初心者の方が多いカードということで使い方を理解できていない方なんていうのも多いです。
特によくわかっていなくて実際に支払える額よりも使いすぎてしまうという方も少なくありません。
楽天カードに限らずクレジットカードでは支払日に利用した分の金額を用意できないのであれば支払いは延滞ということになってしまいます。
延滞したらどうなるのか、ということですが、この場合遅延損害金を支払うことになります。
遅延損害金というのは要は利子であり、利用した金額に対して一定の利率をかけた金額を払わなければいけないことになります。
そもそも遅延損害金というのはなんなのか、ということですが、
要は利用者が支払いを送らせてしまったことによって楽天カード側に生じた損害を弁償してくださいというお金なわけです。
しかし、仮に誰かが10万円の支払いを遅らせたからといって楽天カードにどれだけの損害が生じたのか、なんていうことは計算できませんよね。
そこで、どのくらいを払うことになるかについては予め規約で決められているのです。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 楽天カード タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク